一つでも当てはまる場合はロコモティブシンドロームの可能性があります。
少しでも早くトレーニングを始めて、運動器の機能を向上させましょう。