ロコモとは、「ロコモティブシンドローム」(和称:運動器症候群)の略称です。「運動器自体の疾患」「加齢による運動機能不全」が原因となり、運動器(筋肉、骨、関節、神経など)のいずれか1つ、あるいは複数に障害を起こし、「立つ」「歩く」といった移動機能が低下。
進行すると日常生活に支障が生じ、介護が必要となるリスクが高くなります。

2007年、日本整形外科学会は人類が経験したことのない超高齢社会・日本の未来を見据え、このロコモという概念を提唱しました。

いつまでも自分の足で歩き続けていくために、運動器を長持ちさせ、ロコモを予防し、健康寿命を延ばしていくことが今、必要なのです。