交通事故【打撲】

  1. 交通事故で打撲が出来ているけど治療すべき?
  2. 交通事故後の診断が1週間で出ている
  3. 交通事故の治療はどのように受けるべき?

交通事故の打撲について

交通事故ですでに医師から打撲の診断が下りている場合、診断書には「1週間の加療を要する。」となっていることが多くあります。

そこで、多くの患者さまが「この痛み1週間で治るのか?」と疑問になるかもしれません。

打撲の場合、1週間で良くなるケースもありますが症状によっては1ヶ月程度かかることも珍しくありません。
内出血を伴う場合には、内出血が引いた後にも痛みが残ったりすることがあるため、それも治療可能な症状のひとつです。

打撲はどんな治療を受けるべき?

「打撲程度だから、シップで済ませる。」という方もいらっしゃいますが、注意が必要です。

理由として、打撲はお身体の表面上に現れるケースもあれば、圧痛が残り痛みが続くケースがあるからです。

このような交通事故の打撲は、日常生活の打撲とは異なり、衝撃の強さやぶつけ方によって出てくる症状も個人差があるため、適切な施術を受けていただくことが大切です。

交通事故の打撲施術

はっとり鍼灸接骨院グループでは、交通事故施術プログラムがございます。

交通事故の打撲でお悩みの方に1日でも早く良くなっていただくことを目的としています。
※鍼灸施術・特殊電気は保険会社様へ請求もしませんので、傷害の賠償額である120万円を圧迫することがございませんのでご安心ください。

はっとり鍼灸接骨院グループには、交通事故の痛みで悩む方が毎月多数ご来院されます。

そのため、初めての方でも安心してご通院していただくためのサポートを充実させております。

さいたま市のはっとりグループへ相談

交通事故の慰謝料で悩んでいる方は、はっとりグループへ一度ご相談ください。

さいたま市・久喜市にございますので、お近くの院へお問合せ下さい。

ご通院でなくても、交通事故について不安なことがございましたらはっとりグループへご相談ください。