股関節の痛み(筋肉)

  1. 股関節前面がつまる感じがする
  2. 股関節を動かすと痛みが出てくる
  3. 体重を乗せると痛みが出る
  4. 股関節の可動域が狭い
  5. スポーツ中に股関節が気になる

股関節の痛みは主に筋肉か関節が関与している場合がほとんどです。

中でも腸腰筋と呼ばれる筋肉の影響を受けて痛みが出ているケースが多く、スポーツ中や日常生活で痛みが出てきます。

股関節痛(腸腰筋)の症状

股関節は歩く時や立ち上がる時など、様々な動きに関与するため症状も人それぞれ異なりますが代表的な症状をご紹介します。

  • 股関節がつまる感じがする
  • 股関節の奥の方に痛みを感じる
  • 股関節の可動域が狭くなった
  • 歩く時に痛みを感じる
  • 体重を乗せると痛みが出る

股関節(腸腰筋)は、初期では違和感から出てきます。

運動動作や生活動作の違和感から、徐々に痛みに変わっていくケースが多いです。

違和感から痛みに変わっていくと同時に、動きに支障をきたすことが多くなるため違和感が出ている初期段階で症状解消のための施術が必要になってきます。

股関節痛(腸腰筋)の原因

股関節(腸腰筋)の痛みは以下のようなことが原因である場合が多いです。

  1. 運動で反復的に同じ動作をしている
  2. 運動後のクールダウンを行なっていない
  3. 股関節の柔軟性が良くない

このように筋肉に負荷がかかり続ける動作が原因で、腸腰筋に痛みが出てきます。

腸腰筋について詳しく見ていきましょう。

腸腰筋は、大腰筋と腸骨筋の2つの筋肉が合わさった総称になります。

運動をしていない人でも、普段の生活で良く歩く方や長時間座っている方なども筋肉に負担がかかっているので股関節痛(腸腰筋)を痛める可能性はあります。

腸腰筋は股関節の奥に付着する筋肉であるため、表面上から押すだけでは改善しないので違和感や痛みを感じる方は改善のための治療を行なう必要が出てきます。

股関節(腸腰筋)の施術について

当院での施術は、腸腰筋に対して以下のようなアプローチをして症状の改善を図ります。

  • 電気施術
  • 手技施術
  • 股関節可動域拡大のためのストレッチ
  • 体幹と股関節の動きのバランス改善

これらの方法を用いて、患者さまがいつまでのどうなりたいのか?という点を大切にしながら施術をしております。

試合に間に合わせた方や予定があってそれまでに良くしたい方などは当院へ一度ご相談ください。

放置による影響

股関節(腸腰筋)の違和感・痛みを放置してしまうと、徐々に生活や運動の際に支障をきたすことになります。

早めに処置をした人ほど、改善も早く運動復帰もしやすくなるので股関節(腸腰筋)の痛みでお困りの方は当院へ一度ご相談ください。